BIGLOBE SIMの通信速度調査結果

回線速度

BIGLOBE SIMでは、docomoのLTEという高速回線(375Mbps)を使用しています。速度については、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、BIGLOBE SIMの魅力的な特徴の一つです。BIGLOBE SIMをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMの3日制限

BIGLOBE SIMの場合、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいておりました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、決められた容量を超過したユーザーに対して、今までより遅い低速通信がはじまっていたのですが、最近になって、この3日制限が撤廃されました!要するに、BIGLOBE SIMでは、映画を観たとしても、72時間制限の恐怖に怯える必要は皆無です。

BIGLOBEの格安SIMとは?

BIGLOBE LTEとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。auなどの大手キャリアから、BIGLOBE LTEに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。BIGLOBE LTEはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。オプションサービスで、エンタメフリーというのがあります。BIGLOBE SIMの独特のサービスでとても人気です。 これは、動画や音楽のストリーミングサービスを行っているYouTubeやAbmaTVなどのサービスが通信量の消費をせず、快適に無制限で使用できるという画期的なサービスとなっております。BIGLOBE SIM?という方の為に、BIGLOBE SIMのすべてを網羅したつもりです。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoエリア対応の格安スマホ

BIGLOBE LTEの回線はドコモのものを使っています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、対応するエリアも幅広く、首都圏から離れた旅先などでも心置き無く使えます。ほとんどのドコモの機種で快適な環境のもとBIGLOBE LTEを使用することができます。もちろん新しい機種にしたいとか、BIGLOBE LTE用になっていない機種だったとしても端末ごとBIGLOBE LTEから買うこともできます。docomoのスマートフォンを持っているのであれば、BIGLOBE LTEではSIMカードの契約だけで、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

格安スマホがたくさん!

今手元にあるスマートフォンがBIGLOBE LTE非対応の場合、新たに対応端末を購入することが必要です。BIGLOBE LTEのサイトを見ると販売されている端末は、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。スマホ以外にもルーターやタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。

容量の繰越し

各種プランによってデータの通信量は異なりますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。しかしBIGLOBE LTEを利用していれば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、この様なサービスを提供しているBIGLOBE LTEは、メリットが大きいサービスであるといえます。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話代が半額で番号通知可能なBIGLOBE電話

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。プレフィックス型通話サービスといわれ、IP電話サービスとは異なるものであり、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、発信者番号が通知されなかったり、050の番号が相手に表示されるので、正直、かなり使いづらいです。BIGLOBEでんわの使い勝手の良さがお分かり頂けたのではないでしょうか。通話し放題のサービスも始まりました。

3分かけ放題

携帯電話の大手キャリアであるsoftbank、au、docomoでは、通話時間の長短に関わらず一定の金額で通話を楽しめるプランがありますが、多くのMVNOは、どこにかけても通話料無料といった料金プランを用意していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。月額650円で通話し放題のがBIGLOBE LTEから新たに登場しました。ただし、1回の通話が3分以内というものです。しかし回数制限はありません。この「3分間通話かけ放題」は、IP電話ではなく、一般の電話回線を利用していますので、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのはBIGLOBEでんわと変わりませんし、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。BIGLOBEでんわを使用した場合、通常1分21.6円の通話料ですので、1回3分以内でひと月に33分以上通話する計算なら、ぜひ利用したいですね。

650円で1,200円分が無料になる「通話パック60」がお得!

月額650円で3分かけ放題や、、BIGLOBE SIMをご利用のお客様にオプションとして通話パック60をご用意しております。このサービスは月額650円を支払うことで、なんど1,200円分の無料通話がついてくるという、大変お得なサービスなのです。誰かと通話する時に、いつも3分以内で電話を切ってしまうというタイプの方は、「3分かけ放題」がおすすめですが、長電話をしてしまうこともあるかもしれません!そんな方には、通話パック60の方が断然使い勝手が良いです!ご自分の用途に合った通話オプションでお得にスマホを使いましょう!

初月は無料

新規にBIGLOBE LTEで格安スマホや格安SIMの契約をすると、はじめの1ヶ月はタダで使えます。なお、月額料金無料!の「始めの1ヶ月」とはSIMカードが届いたその日の月のことです。到着する日次第ではありますが、丸一ヶ月無料になることもあるんです!そうはいっても、今使ってるスマホを解約するのに費用がかかっちゃうんだったら、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。

BIGLOBE LTEの料金と解約

BIGLOBE LTEの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在の携帯電話代に比べて、驚くほど安いことに気がつくでしょう。どれだけ安くなるのか、それではBIGLOBE LTEの料金プランについての説明に入っていきます。

料金プランまとめ

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声通話SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

BIGLOBE SIMの最低利用期間について

最低利用期間と解約違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。一年以内に解約したい時には、違約金が8,000円も発生してしまうのです。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

間もなく締切のキャンペーンの詳細