楽天モバイルの料金・初期費用・口コミ・評判について

楽天モバイルの月額と解約

格安スマホの楽天モバイルの料金プランを詳しくご案内していきます。月々の携帯代と見比べながら、呼んでいただければ携帯料金の節約のお役にたてるはずですさて、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

料金プランまとめ

楽天モバイルの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシックプラン以外は、LTEの高速回線(225Mbps)が利用できるプランです。楽天モバイルの初期費用は3,240円のみです。端末を購入する場合は、その金額もお忘れなく。

楽天モバイルの解約違約金

最低利用期間と解約違約金について、説明していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、9800円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルの通信サービスは、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。通信速度に関しては、普通に使うには、十分な速度と言えます。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、楽天モバイルがもつ最大の強みの1つです。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの72時間制限に関して

キャリアもMVNOもそうですが、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、規定の通信量を超えた利用者には、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天格安スマホの特徴

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。さらに、楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるキャンペーンを実施中です。楽天モバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。楽天モバイルをどこよりも分かりやすく解説しました。お楽しみ頂ければと思います。

docomo同エリアの激安なスマホ

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなく楽天モバイルでも使えます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。docomoの回線をそのまま利用でき、しかも格安で利用できるのが楽天モバイルなのです。

セット販売の格安スマホが多すぎて迷う

楽天モバイルはドコモの端末の大半がそのまま使えますが、もし対応している端末をお持ちではない場合には、新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルとセットで購入できる本体は、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマートフォンでは画面が小さいという方も,楽天モバイルではたくさんの種類のタブレットも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。しかし、唯一の欠点があるのですが、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。本体購入時に楽天カードを持っていらっしゃらない場合は、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

データ通信量の繰り越し

データの容量は契約したプランによって変わってきますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。余っている通信料がもったいないと思うこともあると思いますが、楽天モバイルなら、残ったデータ転送量や容量を翌月分に計上して使用することができます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、このサービスは、楽天モバイルが提供するお得なサービスの一つです。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話代が半額なのに、番号通知できる楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。相手の番号にプレフィックスと呼ばれる特定の番号を付け足して電話をかけるものでIP電話と違い、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。なお、当然のことながら、相手先に伝わる電話番号は普段どおりの番号です。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。IP電話を利用していると番号を通知して発信することができなかったり、050番号が通知されてしまったりしていたので 、着信拒否されたりすることもあったと思いますが、このプレフィックス型の楽天でんわではそのような心配はありません。楽天でんわを使ったときの通話料も、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分通話し放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、ほとんどのMVNOが、電話し放題には、対応していないのが現状です。通話回数が多く、格安スマホに手を出せないという方。そんなあなたに、魅力的なサービスが始まりました。楽天モバイルの新サービスでは、月々850円で通話の最初5分が無料になります。5分以内なら通話し放題のオプションは、大手携帯電話会社と同じ通常の電話回線を利用するため、楽天でんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。NifMoの通話し放題サービスでは、発信者番号通知に非対応という例が多いと言われています。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますのでこまめな回数で、ひと月1時間くらいは通話する人には必要なオプションです。

初月は無料に!

楽天モバイルを契約すると、はじめの1ヶ月はタダで使えます。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。とは言っても、現在利用中のスマホの解約手数料や無料解約月の兼ね合いもありますので、どなたも月初まで待つのがお得であるとは限りません。

【期限間近のキャンペーン情報】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)